Home > ウインクについて > 社会貢献活動

ウインクの社会貢献活動 - 笑顔あふれる社会を目指して

ウインクは”笑顔”あふれる社会を目指して、
地域社会・国際社会に向けた社会貢献活動に積極的に取り組んでいます。

盲導犬育成 活動を応援しています

日本では、現在約1,000頭の盲導犬が活動しています。 全国で盲導犬を必要としている方は約7,800名いると言われており、まだまだ十分な数とは言えません。 (財)日本盲導犬協会は、盲導犬の育成や普及のための活動を行っておりますが、公的な助成は少なく、盲導犬の育成に必要な費用の9割以上は寄付によって成り立っているのが現状です。

ウインクチェーンでは、日本盲導犬協会の活動趣旨に賛同し、支援活動の一環として1993年から募金箱を全店に設置して皆様からの寄付を募っております。 これまでに寄せられた善意のお金は、ウインクチェーンが責任を持って日本盲導犬協会に全額寄付しております。 これからも一頭でも多くの盲導犬を育成するために積極的に活動してまいりますので、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

■募金額のご報告
2015年の実績・・・60万円
これまでの累計・・・1785万2287円

財団法人日本盲導犬協会
(財)日本盲導犬協会は、1967年に日本で最初に誕生した盲導犬育成団体です。 東京本部を中心に、国内4箇所(宮城・神奈川・静岡・島根)の盲導犬育成施設において、繁殖・飼育・訓練を行う育成の他、リタイア犬のケアも行っています。

「見える喜び」を海外の多くの人達へ

ウインクチェーンでは、国際貢献活動の一環として、お客様が使わなくなったメガネを海外のメガネを必要とする人たちへ寄贈する「メガネ寄贈キャンペーン」を実施しています。

2001年11月よりスリランカ大使館を通じ活動をスタート。また、2009年からはスリランカ以外の国々の人たちへの寄贈も始め、これまでNPO団体を通じて、タイ、ネパール、インド、カンボジアへメガネを寄贈しています。

これからも一人でも多くの人に「見える喜び」を届けるために、ウインクチェーンは積極的に活動してまいりますので、皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。

■実績のご報告
スリランカ・・・11,629本
タイ・・・4,031本
ネパール・・・2,190本
インド・カンボジア・・・1,007本

※お客様のご不要になったメガネは各店舗に直接お持ちください。 ウインクでクリーニング調整を行い、各国に寄贈いたします。