Home > 補聴器 > 補聴器の両耳装用の効果

両耳で聞くことの大切さ

左右の耳から音の情報を正しく取得することは、とても重要です。 両方の耳で聞くことを両耳聴(りょうじちょう)といい、脳は左耳と右耳のそれぞれに入ってくる音を絶えず比較しています。 この比較によって、脳は周囲の音の位置や動きを判断することができるのです。 そのため、補聴器を両耳につけることでバランスよく音の情報を脳に届けることができ、総合的に音の方向や動きを確認したり、より快適な聞きやすさを得ることができるようになります。

補聴器を両耳につけることのメリット

■ 騒音下での「聞こえ」

騒がしいところでは、さまざまな音がいろいろな場所から聞こえてきます。 聞きたい音に耳を傾けるには、「どこから音が聞こえてくるのか」という情報がとても重要です。 補聴器を両耳につけてバランスよく聞くからこそ騒音下で聞きたい音を聞き分けることができます。

■ 方向感覚が明確になり、安全性が高まります。

脳が音の方向を感知するためには、両耳からの音情報が必要となります。 例えば、右方向でなったクラクション音は、右耳には左耳よりわずかに大きく聞こえ、そして早く到着します。 このわずかな差を、脳は瞬時のうちに判断し、音のする方向を察知することができるのです。 そのため、補聴器を両耳につけてバランスよく聞くことで方向感覚がよくなります。

■ 小さな音も聞き取りやすく、耳が疲れにくくなります。

パーティなどで複数の人が話しているときや移動するとき、または静かな場所でも脳は左右の耳に入ってきた音の情報を受け取って、絶えずこれを比較する働きを続けています。 片耳のみで音を聞くと左右どちらかの耳に音が集中するため、疲れやすくなります。 補聴器を両耳につけてバランス良く聞き取ることで自然で快適な日常生活を過ごすことができます。

補聴器の方耳装用と両耳装用での聞き取り力の違い

補聴器を片耳のみに装用する場合、補聴器を付けている耳と付けていない耳の聞こえの感度が異なるため、意識的に音のする方向へ顔を向けるなどの努力が必要です。 両耳装用では、片耳では聞き取りにくかった小さな音も無理なく聞き取ることが出来るため耳が疲れにくくなります。 また、聴力にあった補聴器の両耳装用では、騒音下における聞こえが大きく改善されます。

騒音化での片耳装用は両耳装用の半分以下の効果です。

ウインクでは、お客様に自然でバランスのよい音を聞いていただくために補聴器の両耳装用をおすすめしています。 「聞こえ」「難聴」でお悩みのお客様・お使いの補聴器にご不満のあるお客様は、ウインクの補聴器 販売店にお気軽にご相談ください。