Home > 快適メガネ > かけて歩ける老眼鏡

かけて歩ける老眼鏡

「老眼鏡の見やすさ」と「遠近両用の便利さ」がミックス

本当にスッキリ見える!「あったらいいな」を形にした、かけて歩ける老眼鏡が誕生。

老眼鏡に関するお悩みで以下のような声をよくお聞きします。

  • 今までの遠近両用メガネだと足元がユレて歩きにくい。
  • 今までの遠近両用メガネだと手元の視野が狭い。
  • 今までの遠近両用メガネではアゴを上げないとパソコンが見づらい。
  • 今までの中近メガネでは、遠くの見え方が物足りない。
  • 遠近両用メガネに挑戦したが違和感があって挫折してしまった。(違和感が少ないのでこのメガネだったらOKという方も沢山いらっしゃいます)

「かけて歩ける老眼鏡」は、そんな多くの方のお悩みを解決するために開発された
屋内での活動を幅広くサポートする新コンセプトの中近メガネです。

おすすめポイント

  • 最近の広くなったリビングや大画面のデジタルテレビに合わせて、
    今までの屋内用中近レンズよりも、奥行きのある視野をカバーしています。
  • 室内距離(手元距離+中間距離)に最適化された設計となっており、
    オフィス・ご自宅どちらでも掛け替えなしで快適にご利用いただけます。
  • 遠近両用メガネに比べて足元のユレ・ユガミが非常に少なく
    屋内移動をスムーズに行えます。

こんな方におすすめ

  • すでに遠近両用メガネを使われていて、中間・手元を広く見たい、
    ユレ・ユガミが少なく慣れやすいメガネを求めている方
  • 加入が強くなったものの未だ単焦点老眼鏡を使用している方
  • 単焦点老眼鏡を使用していて、掛け外しが面倒だと感じられている方
  • 老眼世代で長時間のパソコン作業をされる方

見え方の比較

従来の老眼鏡 かけて歩ける老眼鏡
手元は見えますが奥行きのある視野は確保できません。 従来の老眼鏡に比べ、手元の視野を確保しながら奥ゆきのあるワイドな視野を実現しています。

「かけて歩ける老眼鏡」は中近レンズ・SEIKOインドアLDを使用しています。
詳しくは室内用中近レンズ INDOORLD(インドアLD)をご覧ください。

老眼鏡について分からないこと、お困りのことなどありましたら、お近くのウインクチェーン加盟店にお気軽にご相談ください。 老眼鏡に関する高い技術と豊富な知識を持ったスタッフが親切・丁寧にご対応させていただきます。