Home > 目とメガネの話 > メガネ・補聴器の用語集 あ行

メガネ・補聴器の用語集

アイポイント
EPとも呼ばれ、メガネをかけた時にどの部分に瞳孔(瞳)の位置があるかを示す。
アセテート
セルフレームに使用されるプラスチック素材の一種。最近のセルフレームのほとんどがこの素材でつくられている。滑らかな肌触りと透明感の色合いが特徴的。素材を重ねることで鮮やかなグラデーションも楽しめる。軽くて燃えにくく、紫外線による劣化もほとんどないため、実用性に優れている。
アナログ補聴器
音声をそのまま電気信号に変換して増幅する補聴器。デジタル補聴器より安価だが、雑音の処理などに限界がある。
アンダーリム
上にはリムがなく、下のみにリムがついているフレーム。いわゆる下縁めがね。逆ナイロールとも呼ばれる。スッキリとしたフェイスラインをより引き締める効果がある。
一山(いちやま)
鼻に直接のせる伝統的なスタイルのブリッジで、サドルブリッジともいう。安定感の高いことから根強く採用されている。ノーズパッドを使用していないのでシンプルな印象。
ウェリントン型フレーム
天地幅が広く、角が少し丸みを帯びた逆台形のフレーム。レトロ感のあるフレームで近年人気がある。比較的顔型を選ばず、トレンド感のある雰囲気になれる。
オクタゴン型フレーム
八角形のフレーム。シャープなイメージを演出する効果がある。
オプチル
セルフレームに使用されるプラスチック素材の一種。透明感と発色が美しく経年変化による色あせはないが、セルロイドやアセテートに比べて衝撃に弱い。
オート型フレーム
ナス型、ティアドロップ型とも言われる。レイバンのサングラスでおなじみのフレーム。
オーバル型フレーム
楕円形や卵型のフレーム。クセのない形なので顔になじみやすく、やさしい印象を与える。