Home > 目とメガネの話 > メガネ・補聴器の用語集 た行

メガネ・補聴器の用語集

ダイナミックレンジ
最小可聴閾値(聞き取れる最も小さい音の大きさ)〜最大快聴閾値(快適に聞き取れる最も大きい音の大きさ)の可聴範囲を表す。
智(ち)
テンプルと連結するフロントの両端の部分。
丁番(ちょうばん)
開閉時に可動するパーツ。商品の設計により、バネ機能を持つもの・丁番・板バネ構造を持つもの・特殊構造を用いたクッション構造を持つものなど、快適な装用のために様々な工夫が施されている。「蝶番(ちょうつがい)」「ヒンジ」とも呼ばれる。
テンプル
サイドからのルックスを支配する部位。頭の幅に合わせて広がるため、掛け心地に大きく影響を与える。耐久性や弾力性が問われ、超弾性を持つ合金素材が使われる場合がある。『腕』『ツル』とも呼ぶ。
デジタル補聴器
音声をデジタル化して複雑な信号処理を行う補聴器。「アナログ補聴器」に比べ、騒音の中でも会話が聞き取りやすいのが特長。